2017年01月26日

お正月を終えて、「砂糖断ち」宣言(5)

割とマジメなんで、宣言したからには(誰に対する責任感??笑)砂糖断ち、アップデート。

割と正直者なんで告白すると、ありがたいことにお茶会が結構続き(楽しい勉強にもなるし、ほんとお茶会は好き&ありがたいのです)、お茶には甘い物はつきもの、というよりは、必須で、それもお招きいただいいたりすると「砂糖断ってます」とは言えないので、お茶会の時は食べてました。

あと、誕生日だったんですよね。昨年の誕生日も同じようなことしてて、その時は食べなかった(すごいな。我ながら。笑)。で、今年も実は別に欲しくなかった(ほんと)のだが、普通の誕生日じゃないし、50才の誕生日だし、と思って、バースデーケーキはやっぱなきゃいけないんじゃないの?「50」のローソクたてないといけないし(これ大事かな、と)、あと50年後ケーキ食べてお祝いできるかどうか分んないし(てか生きてない可能性の方がはるかに高いし)と思って、家族で買って、で、小さいピースを食べました。ちなみにこの日は夫が子羊の肉を料理してくれたので、だったらやっぱり赤ワイン飲まないといけないんじゃなかろうか、てか、やっぱり50才の誕生日なんでやっぱりワインくらい飲んでお祝いしといた方がいいだろ、と思ってグラスに2杯くらいかな(基本「断ってる」割には多い?・・・飲むと飲めちゃうの。やっぱり根は好きだから。苦笑)いただきました。

ということで「ううう、食いたい〜 飲みたい〜、ちょっとくらいいいよねっっっ」というよりは、特別なオケージョンなんで、という気持ちに負けたというか譲ったというか、そんな感じの過去2週間くらいでありました。

で、こんだけ「ゆるんで」おいて何なんですが、その他は、やってないです(この「やってない」って言い方がクスリについての芸能人のコメントみたいで我ながら可笑しい。笑)。でも、やっぱりオモシロイと思ったのは、一回甘いもの食べると、またすぐ欲しくなるんですよね。だからその「次」の時に、ぐっとこらえられるかどうかが鍵で、この「次」の時を乗り越えると、あとまた平気になるというメカニズム。そして再び「別に食べたなくてもいい」という感じになる。

あと、もうひとつオモシロイなと思ったのは、ケーキもお酒も、なんだか前ほどにはおいしいと思わなかった(あくまで自分比f^^;)。それはケーキがちょっとくどかったせいかもしれないし、あるいはお酒が別に特に良いお酒じゃなかったせいかもしれないけど。でも、全く食べない方が、結果的にはむしろラクな気がします。『抜ける』ので。

で、これが偶然なのか因果関係があるのか、私には判断つきかねるのですが、やっぱり・・・・甘いもの食べると(特に夜)睡眠の質が悪くなる気がするのです・・なんでこんな時間に起きちゃったかな?という時間に起きる(ちなみに以前は毎日そんな時間に起きていた。朝まで起きずに寝たことなんて何十年もなかったのです)。

甘い物もお酒も一生全くいただきません、ということは別に思ってはいないので、期間限定トータルデトックス、以外の時は、やっぱり大事なのは、「ちょっと食べてもそこで崩れないで(別にたまにはいいので)、ちゃんと素早く軌道修正することができるかどうか」かな、というとこでしょうか。

だから、2週間ないし3週間、ぜんぜん食べない!!!というのは、むしろある意味やりやすくて、そういうスタートダッシュののち(ちなみに私は去年6週間ほぼ断って、そこからこういうことをゆるんだり締めたりしながらやってきている)、全体的な量をいかように抑えて暮らしていけるか、が、むしろ難しい&それが大事、だなあ、と体感&実感中。なんだろな、期間限定で極端に「全く食べない!」って方が、むしろラクというか簡単というか。ただ、「極端」なので、末永くは続かないと思うのです。

向う1ヶ月くらいは、1週間に一回のペースでお茶の稽古とあと初釜もあるので、その時はいいとすることにして、普段の生活ではやっぱり甘い物は排する感じでいってみようと思います。そしてクリティカルポイントは、甘い物を食べたその「次」の時の衝動(そう、衝動なのである)をどう乗り切るか、かな。この「次」で崩れると、がたがたと崩れていきがちになると思うので。

posted by coach_izumi at 14:30| 体と心と食事の関係

2017年01月25日

50才の誕生日を迎えて

先日、50才の誕生日を迎えました。
その時にふとわきあがってきた思いを綴って、SNSの個人ページに投稿しました。
今の自分の、全てではないけれど大きな大事な一部分、が表れていると思うので、以下、紹介します。
ーーーーーーーーーー
私が産まれた日は日曜日だった。50年後の誕生日もまた日曜日だ。
私が産まれた病院で母は死んだ。あの日も日曜日だった。
人が死ぬときに、最後まで残るのは聴覚なのだと、何かで読んだ。死んだ後すらも、耳は聞こえるのだと。だから私は、母の臨終の時、母の手を握りながら、母 の耳元でずっと母に呼びかけた。ほとんど叫び続けた。聴覚は残るけれども、聞こえにくくなっているから、大きな声で話しかけろと、やっぱり何かの本に書い てあったから。
楽しかったね。私たち、ずっと楽しかったね。
幸せだったね、私たち、とっても幸せだったね。
私、ずっとずっと幸せだった。
全部、全部、お母さんのおかげ。ありがとう。ありがとう。
私、ずっとずっと、いつもいつも、幸せだったよ。
全部お母さんのおかげだよ。ありがとう、ありがとう。
正確には覚えてないけど、こんなことを、繰り返し繰り返し、叫び続けた。
背中に触れる手を感じて、振り向くと、父が私を見下ろしていた。
父の目は涙でいっぱいだった。
あ、お父さんも、お母さんに何か言いたいのかな。
私が占領しちゃって、悪かったかな。
ふとそんな考えが頭をよぎった。
父は言った。震える声で。
先生が、待ってるから。
母の息はとうに絶えていて、私は死んでしまった母に、いつまでもいつまでも、叫び続けていた。そうとも気が付かずに。そんな私に引導を渡せるのは、父だけだった。
もう、だめなの?と泣きながら、父に言ったことを覚えている。
そして「先生」の方を見上げると、目に涙が溜まっているように見えた。少しだけ温かい気持ちになったような記憶がある。
私が父にうながされて母のそばを離れると、「先生」は母の体を調べて、時刻を言って、心拍が停止しました、というようなことを言った。
あの日曜日から10年近く断って、私は、50才になる日曜日を迎えようとしている。
母が死んだあの病院で私は産まれたのだ。
母が命をかけて、50年前にあの病院で私を産んでくれたのだ。
その40年後に自分がまさかそこで死ぬなんてこと、想像もしていなかったんだろうな。おまけに同じ日曜日だなんて。
そんなことを思いながら、なんとなく自分が生きてきた半世紀(!)を振り返るような気持ちになるのは(最初の数年は全く記憶がないにしろ)ありきたりなよくあることだとは思うのだけれど。
わき上がってくる思いは、死んでいく母に一生懸命伝えようとした言葉そのままだ。その時は、ただ母にそう伝えたいことの方が大事で、自分が本当にどう思っているのかは、二の次だったけれど。
私は、ずっと幸せだった。
ずっとずっと、いつもいつも、幸せだった。
父母に恵まれ、祖父母に恵まれ、親戚に恵まれ、健康に恵まれ、教育に恵まれ、機会に恵まれ、仕事に恵まれ、結婚(夫)に恵まれ、義理の家族にも恵まれ、子供にも恵まれてきた。
そして同僚に、友に、恵まれてきた。
人に恵まれてきた。
(ついでですが、若かりし頃お付き合いさせていただいた殿方も、誰も彼も、いい人ばかりでした←チョウ蛇足?笑)。
あの日「全部全部、お母さんのおかげだよ。ありがとう」と言った、その言葉を、友と呼ばせてもらえる人達に、伝えたい。
そして人知れず(笑)私の投稿をいつも読んでくれている、家族や親戚にも伝えたい。
私はずっとずっと幸せだったし、今もすごく幸せです。
この根拠のない(?)多幸感、ショージキ、ヤバい(←本来の悪い
方の意味f^^;)んじゃないの?? と思ってしまうくらい、幸せ感じてます(笑)。
みなさん、一人一人のおかげです。
ありがとうございます。
残り(?笑)の人生も、どうぞよろしくお願いします。


posted by coach_izumi at 11:43| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

2017年01月12日

お正月を終えて、「砂糖断ち」宣言(4)

砂糖断ちして一週間。
引き続き砂糖断ってます。

ドクター和泉(←繰り返しますが、私のことじゃありません。笑)によると、「『甘いもの食べた〜い』じゃなくて『肉食いたい〜〜』っていう感じになるといいんですよ」ってことなんです。なんだろ、体をちゃんと作るもの、体にいいもの、を欲するようになるのが健全というか、ちゃんと体がファンクションしてる、っていうことらしくて。

この点、ちょっと私、いい感じになってきてるかも?

というのは、運動した後とか(空手の練習の後とかね)コンピューターにしばらく向かったあととか、以前は「甘いもの食べた〜い」って思って、実際空手に行った帰りにパイとかマフィンとか買って帰ってきてシャワー浴びてからコーヒーと一緒にそれを食べて人心地、っていうのが、わりとよくあるパターンだった。でも今は、同じような時でも、「肉食べた〜い」っていう方向性の食欲になってきてるから。だからおやつにローストビーフ(買ったやつね。ハムみたいな感覚で使うやつ)食べたりするようになってる。まあ、ハムコーナーに売ってるローストビーフが果たしてどれだけ体に良いのか害なのかは別として。

ただ、この「ちょっといい感じになってきてる」は今回に限ったことじゃなくて、これまでも、食事をわりとちゃんとして甘い物を控えてたときはあった感覚で、年末年始は崩れたけど、また取り返しつつあるかな、という感じ。

シュガーキックを欲する気持ちもかなりなくなってきた。今回これを始めたときの「欲する気持ち」が8だとすると、今5以下かな(10のレイティングで。余談ですがこういうの、アメリカってよくやるのよね。たとえば、陣痛時の痛みとか、「最高に痛いのが10としたら今どのくらい?」と聞かれたりして。笑)

でも逆に、ここで砂糖を入れちゃったら、また戻っちゃうんじゃないかという恐れが(笑)。

もうしばらく砂糖抜きを続けて、多少の砂糖を体に入れても(楽しんでも)そこで崩れない、というような状態をキープできるようになりたいのであります。

ちなみに、お腹いっぱい食べてる割には、体重が微減なんだけど、確実に減少中。体重には小麦もけっこう関係してるのかな?というのがなんとなくの感覚です(と言いつつ、実は週末には餃子をたんと作って食べたんだけどさ)。

で、ちょっと感じ始めてる効果は、「かったるさ」の減少と情緒の安定、というところかな。でもこれはひょっとして昨日よく寝たからか?(笑)・・・とここで気がついたのは、そう、昨日、最近にしては久しぶりに「朝までぐっすり寝た」。これ、私にとっては、かなり分りやすいバロメーター。やっぱり効果出始めてるかも。

posted by coach_izumi at 05:35| 体と心と食事の関係