2017年06月06日

50歳と10歳の小さな大冒険

半世紀生きた後でも「初体験」ってできるものなのよねシリーズ(?)の第2弾、って言うか、実はこっちが第一弾だったんだけど。あれはゴージャスなお天気だった春の日。相手の都合で予定が急に空いて、ふと、そしてむくむくと、私は思ったのである。「そうだ、マンハッタンまで車で行ってみよう!!」 「今から行けば息子が学校から帰宅するまでには戻れるハズ!」と。

。。。。多くの人にとって「だから?」ってことだと思うけど、”この”私にとって、一人で車を運転してマンハッタンに行ってマンハッタンのど真ん中を走る、って〜のは、もう、チャレンジ中のチャレンジ、今年の重大/十大ニュースに入ること間違いなしの出来事だったのである。何でそうなのか端折るが、とにかくそうなのである。で、実際運転してってみたら、実務的には大したことなかったというか、台湾に住んでた時にスクーター運転してた時のことを思い出して面白かったんだけど(まあ、あれも最初は相当な大冒険だったなあ。やっぱり自分的に、なんだけど)、でも、やっぱり、精神的には、今年の重大/十大ニュースレベルの出来事だったことに間違いはないのである。

それで、その「初体験」の日に思い出したのが、10歳くらいの時、やっぱりすごくお天気が良かった日に、ふと、そしてむくむくと、思い立って、一人で自転車乗って隣町まで行ってみた時のことであった。いつもは父親の車やバスでしか行ったことがなかった5キロくらい先の隣町まで自転車で行くというのは当時の私にとっては大冒険であった。でも、ふとそしてむくむくと思い立って、やるしかないっっ!!!って思って(ちなみに用事も理由もなかった)、誰にも言わずにママチャリ以下の自転車をいきなりキコキコとこいでったのであった。結構怖かったけど(実はそ〜と〜な怖がりなのである)、なんか、すごいことしてる気分!!と思って、ワクワクして、でも緊張してて手に汗かいてて、でも頑張ってキコキコこいでって、その町に行くといつも行く文房具屋さんにタッチアンドゴーしてそんでまたキコキコとこいで帰ってきて、ただそれだけ。でも、もう、すんごい大仕事を成し遂げ気分になった。

ところで、北海道の田舎の「隣町」は日本の他の地域とは違う。歩道も何もない車のための幹線道路/国道でもって、私が住んでいた町とその隣町とは繋がっていた。つまり町/居住区が連続していない。北海道の田舎で暮らしたことがない人はイメージしにくいかもしれないが、アメリカの道と似ていて、そこは日常的に人が歩いたり自転車が走ったりする道路ではなかった。

ちなみに今回の「マンハッタンに車で行ってみよう大冒険」も、誰にも言わずに、思い立ったが吉日、今しかない〜〜〜っっっ!!と思ってハズミとノリで実行した。てか、そのハズミとノリが(なぜか)湧いてきた今やらないと、今この瞬間を逃すと、もう一生できない!!と思ったのだ(大げさに聞こえると思うけど、ホントにそう思った。そのくらいa big deal=大したこと、だったのである、私にとっては)。今回は50歳の大人なんでさすがにちょっとした理由も用事もあったけど、でも、それは二の次だった。あの時と今回を比較すれば、客観的には、今回の方が「全く何てことないこと」なんだろうけど、無事に帰宅した時、あの時と同じように、すんごい大仕事を成し遂げた気分になった。

夫に話したら「えええ、ほんと??すごいじゃ〜ん!!」(あくまで私的/我が家的に、なのですが)と想像以上に驚いてくれて、「えっへん」と思って誇らしかった。なぜそれが私にとってチャレンジかちょっと分かってるある女友達に話したら「やったね〜 おめでと〜」と言ってくれて(笑)嬉しかった。拍手までしてくれた(笑)。

そういえば、その10歳の時、夜になってから母に誇らしげに「自転車で隣町に一人で行った大冒険」のことを言ったら「えええっっっ。。。。」と言ったきり、絶句してたっけ(確か母が買い物か何かで出かけていた時に決行したのであった)。後年、その時のことを(も)言ってるのかな?と思えるような文脈で、「あんたはホントにいきなりとんでもないことやっちゃうから。。。。」みたいなこと言われたなあ、ってそれも思い出した。当時は分からなかったが、母は多分あの時、ほんとは(心配ゆえに)私を怒りたかったんだと思う。自分が母親になってみて分かる。でも、私の母は私を怒らなかった。偉いと思う。この母親(=私自身)はそんな度量がないので余計にそう思う。そして今思い返せば、そういうことが他にもあった。

ーーなんて、母のことも思い出したけど、それとはまた別に、ひょっとして、あの10歳の時の自分は、まだ自分の中にいるのかなあ、とちょっとだけ思えた。そのことが、ちょっと嬉しかった。

と、思ったことを、書いておきたくなったのであった。


posted by coach_izumi at 13:23| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと