2019年10月26日

親になって(しばらくしてから。笑)分かった親の気持ち

結婚する直前くらいだったが、北海道に帰省中に父親が運転していた車に乗っていて交通事故に遭った(それで実は顔の小さな骨を折って、メイクもしてないのに歌舞伎役者みたいな顔になったが、手術もしなかったがちゃんとくっついたし大したことはなく済んだと言えると思う。)。私は助手席に乗っていて、一瞬だけ意識が飛んだがすぐに意識が戻って、運転席に乗っていた父親の方を見ると、父が意識を失っている様だったので、「お父さん!お父さん!」と叫んだ。と、父がうっすらと目を開けて私の方に首を回して私を見てゆっくりと力なくニヤリとして(ちょっと不気味だった)、また目を閉じて意識を失った。

事故に遭って大変なことになってるのに、どうしてあの時、お父さんはニヤリと笑ったのかなー、とずーっと不思議だった。父になんで笑ったの、と聞いても全く覚えていなかったし。自分は大丈夫だ、と伝えて私を安心させようと思ったのかな?と、その時一瞬思った覚えがあるが、なんとなくピンと来なかった。それで先日、またぼんやりとそのことを思い出してたら、ふと、あ、こう言うことだったのかなあ、と、18年近く経って初めて思いついたことがあった。

父はきっと、私が無事なのを確認して、よかった、と思ったのだ。だから安心して微笑んだに違いない、と。(それがまあ、事故直後だから不気味に力なくニヤリとしている様子になってしまったというオチかなと。)

もちろん、真相は永遠に分からないけど。

なぜそう思いついたかというと、きっと自分も、同じ状況だったら、まず息子のことが気になるんじゃないかーと思いついたからだ。それで息子が無事だったらよかった、と、諸々の状況はどうであれ、彼が無事であればとにかくよかった、と思って、息子に向かって無意識でも意識が混濁してても微笑むかもしれないなー、とふと思いついたからだ。

もちろん本当はどうだったのか全く分からないけど、この説、今の今まで全く思いつかなかった(苦笑)。どうして私を見てニヤリとした(そう見えた)のかなー、とずっと不思議だった。

自分勝手な子供っぽい父親であったが、でも、私のことをいっぱい思ってくれたんだろうなあ、と最近振り返る様になって(もちろん真相は謎ですが。笑)こんな可能性をふと思いついた。それはやっぱり私も自分勝手で子供っぽい親だからで、でも息子のことはかなり好きだからかもしれない。

posted by coach_izumi at 12:56| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと