2019年01月10日

どーしてそうなっちゃうのかなー と思ったこと(学校編)

今は昔のことなんですが、某日本語補習校の小学校の卒業式に息子の「答辞」が選ばれて答辞を読むことになった時に、学校の先生(校長先生?どの先生かは不明)の訂正に基づいて清書してください、っていうことだったのです。で、息子は選ばれて嬉しいし、先生が直せっていうから懸命にちゃんと直そうとしてて。

が、その息子の原文と先生の「訂正」を比べた母(私)激怒した、っていうことがあって。

だって息子の原文の方が、もちろん拙いんだけど、彼らしくて、彼自身の体験に基づいた彼自身の言葉で書かれていて、絶対いいじゃん、と思ったから。一方「訂正版」は、まあ、確かにてにをは的な間違いは訂正した方が良かろうと思ったし文章の完成度は高くなってたかもしれないけど、彼独自の体験に基づいた視点とか物言いが削られて「全く違う文章」になってる部分がいつくかあって、それがいかにも教科書的というか、大人の手が入ってますね、って感じで「てか、これ、もう、お前の文章じゃないじゃん。お前絶対こんな文章書かないでしょ?」ってものになってた。

で、面白くなってるんならまだしも、「なんだ、この、ツマンナイ道徳の教科書から借りてきたツマンナーイ文章。こんな誰でも書けるような文章なら私でも書けるじゃん」てなものになってた。
でも息子は「だって先生が直せっていうから」と愚直に一生懸命直そうとしてて。

私、つい「ちょ、ちょっと、ママ、自分の子供がこんなツマンナイ道徳の教科書から借りてきたみたいなツマンナイ答辞を人前で読むなんて絶対許せないんだけど。変えるな、このままいけ」と吠える吠える。「特にここ、絶対元のままで行け」とか。

結果は、折衷案って感じになった。息子は私ほどの違和感も怒りも感じてなかったから。息子本人が直すって言ってるのに、そこまで強くも言えなくて。

私もセンセーの端くれなんで、訂正したその気持ちは分からんでもない。分からんでもないんだが。でも、なーんで、そういうことするかなー????こういうことが子供に与えてしまう(かもしれない)ネガティブなインパクト(の大きさ)にどうして気がいかないかなー??とその時、激怒して家の中で一人で吠えながらなんだか、とほほな気持ちでいっぱいになった。

あんまりこういうこと表立って吠えても、差し障りがあるかもなー、と思って(NY、世間が狭いし。あと、息子は某日本語補習校でかなり楽しくやらせてもらってて普段は全然問題とかないんです、はい)、当時は激怒しつつつも控えたんですが、またしても、なんちゅうの、ちょっと似たようなことが起こって、(今回は上記の時ほどのことではないしだからそんなに怒ってもないんだけど)その時のことをちょっと思い出してしまって、吐きださせてもらいました。

ちなみに今回の息子は「もー いいよ、めんどくさいから、言う通りにやっとく」てことで。本人は「絶対俺が書いたもともとのやつの方がいい」って言ってるし、父母二人も揃ってそうだそうだ、って言ってるから、家族3人で長いものに巻かれてあら愉快、ってことで、まー、いいのか?
挙句に親子の間では「『立派なバージョン』『夢に溢れる健全な子供のバージョン』『ませた悩めるガキが書くバージョン』『とんでもないぶっ飛びバージョン』とか色々バージョンを用意して選んでもらったら?」と言うジョークが飛び交う始末(発案は息子)。

繰り返しますが、私もセンセーの端くれなんで、そーなっちゃうのは、分からんでもないんだけど。でも、やっぱり、どーして、どーして、そうなっちゃうのかなーー???

と、別に誰かに尋ねてるわけじゃないんです。

でも、嘆きたくなったのでした。
posted by coach_izumi at 01:35| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

2017年11月20日

ホームページやブログをご覧いただいている方へー私は多分本当に「◯◯な人」、です。

全く知らない人から連絡が来てコーチングをさせていただくことが増えて来ました。コーチとしてコーチングを始めた頃は、知り合いとか、その知り合いの知り合い(のまた知り合い)、といった方々がクライアントさんとなってくれる割合が高かったのですが、今現在のクライントさんは、もともと全く知らないし共通の友人や知人もいない、という方の割合が高い(ほとんど)です。

当然ですが、私のホームページをご覧になって連絡して来てくださいます(そこしかまず最初に繋がる手段がないですから)。それで、(星の数ほど?コーチングのサイトがある中で)どうして私に連絡しようと思ったんですか?と後学のためと、あと割とフツーの好奇心でもって)聞くことが多いのですが、「ホームページが分かりやすかった」と最近数人の方に言っていただきました、これは私ではなく私のホームページを作ってくれたウェブ・デザイナーの方のお陰なので、感謝感謝です。

その他の理由はもちろん人によって色々なのですが、最近なるほどそういうことなんだなあ、と思うのは、みなさん、何らかの理由があってコーチングを受けたいと思ってコーチを探しているんだけど「こういう(スキルや経験を持った)“コーチ”を雇いたい」、ということじゃなくて「こういう “人”と話してみたい」と思って最初の連絡をくださるんだなあ、ということ。この「こういう」というのが「どういう」ことかというと、それもまた人それぞれで、私のこれまでの(日本での)経歴とかバックグランドのことかもしれないし、今のアメリカでの生活ぶりのことかもしれないし、プロの方が撮ってくれたので実物よりも3割増で綺麗に写ってる(と思う)写真のことかもしれないし、ブログの内容かもしれないし、その全部かもしれないしどれも関係ないかもしれないですが、とにかく、連絡をくださる方というのは、私の人間像に関して何らかのイメージを想像して、だからこそ連絡をくださるのです。

だから、「こういう“人”とは(別に)話したくない」と思えば、最初から連絡がこないわけで、当たり前のことですが、それはお互いのために(余計な手間が省けて?)いいことだなあと思うわけです。

でもですね、ホームページやブログだけではやっぱり私が「実際にどんな人なのか」は謎ですよね。目星をつけて連絡してみたものの、うわー、こんな人だったなんて、とか思ってたのと(あるいは想像してたのと)ちっがーうじゃん!!っていうリスクはあるわけですよね。だから、そこのところ、皆さん、やっぱりドキドキしてるわけです(と言うことが最近分かってきました)。私は本当に「こういう“人”」なのかどうか、蓋を開けてみないと分からない、というところで。

で、ですね、最近初めて連絡してくださった方たち(全く初対面の方たち、と言っても、実際はお会いしないことが多いのですが)から立て続けに言われたのが、「(大体)思っていた通りの人でした」ということ。「ブログから受ける印象とギャップがなくて驚きました」というようなことも言われましたし「こんな人なんじゃないかなあ、と思っていたら、やっぱり予想通りでした」とか。

だから、もし何かの縁で私のホームページやブログに行き当たって、私について「この人は◯◯な人なのかな」と思われているあなた。多分それは大きく外れていません。だからもしも「本当に◯◯な人だったら話してみたいな」と思っていたら、私はおそらく「本当に◯◯な人」なので、ご安心ください。逆に「この人って、△△な人なんじゃなかろうか、嫌だなあ、合わなさそうだなあ」と思われる場合も、私はおそらく本当に△△な人なので、あらかじめご承知おきくださいませ(笑)。



posted by coach_izumi at 23:16| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

2017年06月06日

50歳と10歳の小さな大冒険

半世紀生きた後でも「初体験」ってできるものなのよねシリーズ(?)の第2弾、って言うか、実はこっちが第一弾だったんだけど。あれはゴージャスなお天気だった春の日。相手の都合で予定が急に空いて、ふと、そしてむくむくと、私は思ったのである。「そうだ、マンハッタンまで車で行ってみよう!!」 「今から行けば息子が学校から帰宅するまでには戻れるハズ!」と。

。。。。多くの人にとって「だから?」ってことだと思うけど、”この”私にとって、一人で車を運転してマンハッタンに行ってマンハッタンのど真ん中を走る、って〜のは、もう、チャレンジ中のチャレンジ、今年の重大/十大ニュースに入ること間違いなしの出来事だったのである。何でそうなのか端折るが、とにかくそうなのである。で、実際運転してってみたら、実務的には大したことなかったというか、台湾に住んでた時にスクーター運転してた時のことを思い出して面白かったんだけど(まあ、あれも最初は相当な大冒険だったなあ。やっぱり自分的に、なんだけど)、でも、やっぱり、精神的には、今年の重大/十大ニュースレベルの出来事だったことに間違いはないのである。

それで、その「初体験」の日に思い出したのが、10歳くらいの時、やっぱりすごくお天気が良かった日に、ふと、そしてむくむくと、思い立って、一人で自転車乗って隣町まで行ってみた時のことであった。いつもは父親の車やバスでしか行ったことがなかった5キロくらい先の隣町まで自転車で行くというのは当時の私にとっては大冒険であった。でも、ふとそしてむくむくと思い立って、やるしかないっっ!!!って思って(ちなみに用事も理由もなかった)、誰にも言わずにママチャリ以下の自転車をいきなりキコキコとこいでったのであった。結構怖かったけど(実はそ〜と〜な怖がりなのである)、なんか、すごいことしてる気分!!と思って、ワクワクして、でも緊張してて手に汗かいてて、でも頑張ってキコキコこいでって、その町に行くといつも行く文房具屋さんにタッチアンドゴーしてそんでまたキコキコとこいで帰ってきて、ただそれだけ。でも、もう、すんごい大仕事を成し遂げ気分になった。

ところで、北海道の田舎の「隣町」は日本の他の地域とは違う。歩道も何もない車のための幹線道路/国道でもって、私が住んでいた町とその隣町とは繋がっていた。つまり町/居住区が連続していない。北海道の田舎で暮らしたことがない人はイメージしにくいかもしれないが、アメリカの道と似ていて、そこは日常的に人が歩いたり自転車が走ったりする道路ではなかった。

ちなみに今回の「マンハッタンに車で行ってみよう大冒険」も、誰にも言わずに、思い立ったが吉日、今しかない〜〜〜っっっ!!と思ってハズミとノリで実行した。てか、そのハズミとノリが(なぜか)湧いてきた今やらないと、今この瞬間を逃すと、もう一生できない!!と思ったのだ(大げさに聞こえると思うけど、ホントにそう思った。そのくらいa big deal=大したこと、だったのである、私にとっては)。今回は50歳の大人なんでさすがにちょっとした理由も用事もあったけど、でも、それは二の次だった。あの時と今回を比較すれば、客観的には、今回の方が「全く何てことないこと」なんだろうけど、無事に帰宅した時、あの時と同じように、すんごい大仕事を成し遂げた気分になった。

夫に話したら「えええ、ほんと??すごいじゃ〜ん!!」(あくまで私的/我が家的に、なのですが)と想像以上に驚いてくれて、「えっへん」と思って誇らしかった。なぜそれが私にとってチャレンジかちょっと分かってるある女友達に話したら「やったね〜 おめでと〜」と言ってくれて(笑)嬉しかった。拍手までしてくれた(笑)。

そういえば、その10歳の時、夜になってから母に誇らしげに「自転車で隣町に一人で行った大冒険」のことを言ったら「えええっっっ。。。。」と言ったきり、絶句してたっけ(確か母が買い物か何かで出かけていた時に決行したのであった)。後年、その時のことを(も)言ってるのかな?と思えるような文脈で、「あんたはホントにいきなりとんでもないことやっちゃうから。。。。」みたいなこと言われたなあ、ってそれも思い出した。当時は分からなかったが、母は多分あの時、ほんとは(心配ゆえに)私を怒りたかったんだと思う。自分が母親になってみて分かる。でも、私の母は私を怒らなかった。偉いと思う。この母親(=私自身)はそんな度量がないので余計にそう思う。そして今思い返せば、そういうことが他にもあった。

ーーなんて、母のことも思い出したけど、それとはまた別に、ひょっとして、あの10歳の時の自分は、まだ自分の中にいるのかなあ、とちょっとだけ思えた。そのことが、ちょっと嬉しかった。

と、思ったことを、書いておきたくなったのであった。


posted by coach_izumi at 13:23| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと