2019年02月02日

学校で起こったある事件

息子が行く予定の高校(私立を受験して行かない限りは、居住学区には中学も高校も一つしかないので、皆同じ高校に行く)で起こった事件に関してのメールが昨日届いた。図書館の椅子にナチスの紋章の鉤十字(ユダヤ人の人たちに対する差別/憎しみのシンボル)が書いてあったのだとか。

私はユダヤ系の人間ではないけど、いやーな気持ちがすると同時に、泣きたい気持ちになった。自分たちだっていつでもこういうことのターゲットになり得るのだと思うと同時に、同じメールを見ているはずの息子のユダヤ系の友人そして私の友人はどんな気持ちがするのだろうと想像することしかできない。そして彼らはずっとこういう差別や憎しみに、顕在的にしろ潜在的にしろ、晒されて生きてきた人たちなんだなー、などと思う(日本でもそういう人たちはいますよね)と、暗い気持ちになるというよりは、その(コミュニティーの)たくましさのようなものに尊敬の気持ちを抱ざるを得ない。

救いは学校/学区がすぐに対応しこのことを重大な事件として扱う姿勢を見せて、学区の保護者にすぐに一斉にメールを出して、事件の直後の報告とこういうことは許されるべきないこと、犯人を探しているので協力を呼びかけていること、それらのことについて子供達と話をして欲しい、となどという内容のメッセージが届いたこと。
先日、具体的なトピックは忘れたけど、大統領肝いりの何かの政策の話を家族でしていた時、息子がジョーダンぽく、「僕たちは今こういう場所で生きているんだよー」と芝居めかして言って、私と夫にグループ・ハグを求めてきた。珍しいことだった。

普段は学校のことなんて聞いても「よかったー」「まあまあー」「(質問に答えるのが)面倒臭い」しか言わない顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)息子であるが、「アメリカをまた偉大にしよう」ロゴの入ったTシャツを着たグループの子供達がいるんだよねー、なんだかなー、などと言ったりすることもこれまであった。「X(仲の良い友達の名前)は学校に銃を持ち込むことを許可するべきだって言うんだけど、どうしてなんだろなー 僕は絶対嫌だ」とかそういうことを言うこともあった。アメリカの公立校では毎朝必ず行われる「忠誠の誓い」についても、彼は彼なりの視点を持っていることがこの間話してる中で分かって、ちょっとびっくりした。

思春期の子供らしく通常は親にあまり自分のことを話さない息子のそんな言動を見ても、彼なりにいろんなことを感じつつ、学校生活を送ってるんだなーと思う。

幸い息子は友人にも恵まれ、概ね楽しげな学校生活を送ってはいるが、日本であのまま暮らして13歳になっていたら、絶対に経験しなくても済んだであろう類の出来事を経験し、それに伴って、考えなくても済んだであろことを考え、感じなくても済んだであろう感情の揺れを経験している。そして彼は多分(多分)、「今のこのアメリカで」自分は何者かそして何者でありたいか、ということについて、まだぼんやりとではあると思うけど、13歳のアタマとココロで思いを巡らし(それほど深刻でも頻繁でもないと思うけど。笑)葛藤している。そのことが、結果的に、彼の想像量力と創造力を培い、彼をたくましくしてくれるものとなってくれるといいんだけ、と、願う母であります。

まー 見守るしかできないけどね。
posted by coach_izumi at 05:39| アメリカの生活

2019年01月22日

大寒波襲来、分厚い氷に遮られてCul-de-sacを知る、の巻

アメリカに暮らして合計はや15年。未だに分からない単語というのは山のようにあり、でも、大抵の場合はスルーしても大きな問題はなく暮らせる程度の語彙力はあると思う(小さな問題は常に山のようにあるが)。そして家の前の「ロータリー」をrotaryとは言わなくて、コダサックとかなんとかいうらしいというところまでほとんど噂レベルでわかってても、私、耳から単語を覚えられない昭和の日本人なので、その単語を再生できずスペルも分からず、でも、これまでなんの問題もなかった。

が、雪ー雨ー大寒波(今日は一日中零下10度以下てか多分ほとんど零下20度に迫るレベル)という気象条件が重なって、雪が溶けて家の前のロータリー(公道)に張った氷が分厚くて危なくてでも個人でどうしようもできないレベル。だからなんとかしてくれない?とコミュニティーの管理事務所にお願いしたい時、さて困るのである。(今日は学校はお休みだけど、息子を歯医者に連れてかないといけない。)息子に聞けばそれらしき単語を言うものの、だから耳からの情報だけじゃ繰り返せないからスペルが知りたいのと言うと「口頭でしか分かんない」とほざく。じゃあSiriに言ってみたら、スペル教えてくれるんじゃない?と息子に言わせてみれば、Siriってば「それは面白い質問だね」とか全く見当違いの回答。電話してリクエストしないといけないから、それじゃー困るの。私、耳で聞いただけの単語、繰り返せないの。LとR、区別つかないんだから!(あ、これはLもRもないのか?)
で、なんとなく、Cで始まるのかなーと思って、検索したら、出た〜!

cul-de-sac

ウエブスターによると、 意味はa street or passage closed at one end だって。
な、なんだよ。これ、英語じゃないじゃん??(そしてLが入ってんじゃん!)おまけに、「ロータリー」の概念と違うじゃん??どーりで全然分からないはずだよ。

とにかく、よし、これなら発音できそう、と思ってドキドキしながら電話。コルデサックのアイスが分厚くて危なくて車を出す時もスリップしそうだから(ちょっと降り坂になってると所をバックで出して切返さないといけないから)ゲットリッドオブして欲しいんだけど〜、と管理事務所のお姉さんにお尋ね/要望。そしたらなんと業者をよこしてくれるとういこと!(まあいつになるか謎だけど)。

もーほんとんど、今年初のアチーブメントである。
よくやった自分、えらい!

夫にcul-de-sacの氷の除去のお願い完了!とテキストでこれ見よがしに覚えたばかりの単語を入れたのは言うまでもない(彼もコルデなんとかって言うんだけど、なんて言うんだろ〜、とそのままにして会社行っちゃったんで)。
posted by coach_izumi at 00:38| アメリカの生活

2018年12月12日

サラ・ローレンス・カレッジで茶の湯のデモンストレーションを行いました

11月の終わりのことでしたが、勤務しているサラ・ローレンス・カレッジで、日本文学のクラスの学生のためにお茶のデモンストレーションを行いました。お茶の仲間二人に朝早くから手伝ってもらいました(ありがとうございました!)。

日本文学のクラスということで、学生たちは今学期を通じて万葉集、古事記、源氏物語、平家物語、伊勢物語、竹取物語、小林一茶、松尾芭蕉、などなどの日本文学の古典をちょっとづつではありますが一通り(英語で)学んできていました。そんな学生たちが茶の湯の文脈で日本文学と冬の始まりを楽しみ味わう(あるいは日本文学のバックグランドでもって冬の始まりと茶の湯を楽しむ?)、ということをテーマにしたら面白いかな楽しいかなと思い(まあ、私が。笑)道具合わせや進行など考えました。(ちなみに、当日用のリーディング・アサインメントとして、学生たちにはThe Vocabulary of Japanese Aesthetics という本から10ページ以上あるWay of Teaというセクションを読むという宿題が担当の教授から出されていました!←私も読みましたが、結構面白かったです。)
今回は立礼式のお茶会の形式を採用して(前回は、畳を敷いてデモを行い、その後は学生にもお茶を点ててもらったりするワークショップ形式で行ったのですが、今回はデモの後にお茶会に参加するお客さんとして茶の湯を体験してもらいました。椅子の方が学生にはプレッシャーが少なかったようで、より気軽に楽しんでもらえたような気がします。笑)お茶会のテーマについて推察/考えて/感じてもらいつつ、茶の湯についての簡単な紹介をして、使用した道具に関連する平家物語の那須与一のエピソードと松尾芭蕉の俳句について担当教授から簡単なレクチャー/紹介もしてもらうという趣向を取り入れました。

担当教授が気を遣ってくれてだと思うのですが、終わった後数日してクラス全員がメッセージを書いたThank you cardもいただいて感激しました(中には私の日本語のクラスを以前とっていた学生もいて、日本語でメッセージを書いてくれました^^)。お茶が美味しかった、calmingだった、beautifulだった、amazingだった、every momentを楽しんだ、などなど素敵な言葉をもらえて嬉しかったですし(さすがアメリカ人、褒め方を知っている!笑)、私たちも充実した時間を持てて楽しませてもらったのでした。
posted by coach_izumi at 06:36| アメリカの生活