2018年08月23日

この夏、茨城で再会できた場所

この夏、短い期間ではありましたが、一人で日本に帰国する機会があり、その時のある体験を綴りました。この文章を読んで「今回の日本ひとり旅は船山さんの半生を振り返って今後の残りの人生を考える意味合いもったものになりそうですね」と言ってくれた友人がいて、自分でははっきりと意識してませんでしたが、そうなのかもしれないなあ、と思って、以下、シェアします。

ーーーーーーーーー
単独で帰国というなかなかない機会に、念願だった水戸そして笠間訪問を実現(家族と一緒だと茨城に行く日程を立てるのは結構難しい)。笠間は14歳の時に北海道から引っ越してきてすぐに5年間住んで、そこで中学を卒業して高校に通った。

せっかくだからとその頃に借りて住んでいた家があるあたりに行ってみようと思って、猛暑の中歩いた。きっともうあたりの景色も変わってるだろうし家もないだろうと思って。

記憶を辿って道なりに歩いて行くと、目の前に広がったのはあの頃と同じ風景だった。同じ田んぼの風景。そしてあの家。私たちが借りて住んでいた頃の、そのままの家。取り壊されてもいなく、リフォームもされていなく、もう朽ち果ててるとしか言いようがない状態の、でもあの頃のままの家。驚いたのなんのって。

ほとんど驚愕して家の前まで行って、玄関の戸に手をかけると開いた。どうも今まさに取り壊しかあるいはリフォームかの最中らしい様子で、でも土曜日だから働いている人は誰もいないタイミングのようだった。
私は家の中に入らないではいられなかった。いかにも工事中、という感じで床も壁も壊れて剥がれていたけど、茶の間のスリガラスの戸はあの頃のままだったし、そこに住んでいた頃の思い出が蘇るには十分だった。
北海道で生まれ育った私たち家族にとって茨城への引越しは、まさに人生の一大事であったし、結局一大転機となったと思うが、笠間に住んでいた最初の2−3年は私たち家族にとって試練の時であったと思う。

私は転校してしばらくして登校拒否になった(とは言え、通算で4−5日のことだったと記憶してるが・・・だが母は相当狼狽したと思う。気の毒であった)。父は仕事がど〜もパッとしないようであった(その後結局会社辞めちゃったもんね)。「みんなとカラオケに行っても歌えないから」と父はカラオケのセットかなんかを誰かからら借りて家の中でなんかの歌を練習してたことがあったが、そういうことは(そういういかにもサラリーマン的に人に合わせることも人前で歌うことも)全く父の性に合うことではなかった(と今になってよく分かる)。母は癌になって入院して手術をした(その時は治った)。母の病気のことで父はやたら落ち込んで高校受験を間近に控えた娘のことなど全く気が回らず家のことも全くせずやたら暗かった、どころか、娘が慣れない手つきで一生懸命父のために作った夕食を「まずいな」と言って残した(何なんだこのオヤジ、と本気で思った)。

両親はあの頃大変だったんだなあ、と、思いながら、ここにテレビがあって、当時人気になった「北の国から」というドラマを家族3人で食い入るように見たなあ、なんてことも思い出した。あの頃の私たちにとってあのドラマはとても特別なドラマだった。

窓が締め切られた埃っぽい朽ち果てた家の中で、汗がダラダラ流れて「熱中症大丈夫ですか?」って感じだったけど、その家を立ち去り難く、長いあいだ家の中にいてうろうろしたりぼーっとしたりしていた。涙腺が弱いのは年のせいだけど、やっぱり泣けてきた。てか、おいおいと泣いた。

しばらくしてからその家を後にして、家の裏手の坂道を登ってすぐそばにあった笠間中学まで行ったり(授業の鐘も部活の声も家まで聞こえるくらい家から近かった)、やっぱり家から歩いてすぐのところにあった日動美術館に行ったり(数は少ないが、モネやピカソやゴッホやらの名画を誰もいない部屋でゆっくりと見れた)、そこからまた歩いて笠間稲荷に行ったり、友達から教えてもらったカフェでアサイーボールなるものを食べたり、そこに売っていた笠間焼のちょっとしたものを買ったりした。

茨城では本当に久しぶりの人たちに会えて楽しい時間をすごせてとても嬉しかったけど、この家とまた会えたことが、やっぱり一番のハイライトだったかな。
posted by coach_izumi at 09:43| Slices of My Lifeー徒然ノート

2018年08月16日

クライアントさんが宣伝文(笑)を書いてくださいました。

約1年かけてコーチングセッションを行ったクライアントさんのMさんに感想をお願いしたところ、私の宣伝のような(笑)文章を書いて送ってくれました。ご本人から「使ってください」と許可をいただいているので、以下そのまま掲載させていただきます。

こちらのご感想に対して私自身が思うところも色々とあって、それについてまた改めてMさんに対しての返信(?)も兼ねて綴りたいと思っているのですが、まずは、「えー 私って、こんな人だったんだ?こんな風に思われてたんだ?てか、こんなコーチングしてたんだ???」と実は結構驚きました(こういうことで、いいのか??自分)。

・・・という私自身の反応はさておき、Mさん、物を書く人というだけあって、私と私とのセッションについて鋭くかつユーモア溢れる言葉でもって振り返っていただいている、その文章そのものが面白いんです(笑)。うーん、そうか、ほう、なるほど、へー、そうだったの、となどと唸ったり目を見張ったりしながら、私はこれが自分のコーチングについての感想とか宣伝であるということと関係なく、Mさんの体験そのものが興味深く思えて楽しんで読んでしまいました(ちょっとウケちゃったし。笑)。以下、ぜひご一読を。

Mさん、励みになる素敵なご感想/宣伝文(笑)、ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セッション受けたのは、こんな人】
30代女性。学校卒業後、ライター修行を開始。結婚を期に生活を優先するため一般企業に転職。だが、「物書き」への捨てきれない未練があり悶々とする日々。和泉さんのセッションを受けることに。

◆「対話」の効用
あることについて自分の頭で考えているつもりで、結局、同じ穴のムジナだったということは少なくない。自分なりに問題だと思っていることだったり、問題を解決したいと思っていたり、変化のために行動を起こしたいと思っているのに、結局、いつか来た道に帰っていたりする。

そんな時、ふと疑問が浮かぶ。
「あれっ、それって本当に望んでいることってなんだったけ?」

そう。案外、自分のことは自分で気づけない。痩せたいと思いながらソフトクリームを食べ、家族との時間を大切にしたいと思いながら、終電まで飲んでいたりする。「思い」と相反する行動を取り続け、さらにその「思い」と「行動」のズレに苦悩する。

そんな時、他者から投げかけられた言葉を通じて、自分を観察することが問題解決の突破口になったりする。過去と現在との自分を比較してみたり、自分のルーツ(両親を含めた、祖先)を探ってみたり…、自分以外の「ものさし」があることで自分が見えてくる。対話だったり、コーチングもそんな「ものさし」のツールだと、私は思っている。

◆ なぜ、和泉さんだったのか?
なかなかやりたいことが実行に移せない、なんとか膠着した状況を打開したい、そのための手段として、頭に浮かんだのが「コーチング」だった。
友人や家族、同僚は、普段の私を知っている人にアドバイスを求めてもよかったのかもしれないが、距離が近いがゆえに、決めつけられたり押し付けられたりすることがあると思い気が進まなかった。距離感があるがゆえに発することのできる、私を突き放してくれる言葉に出会いたい、対話がしたいと思った。

一方で、「コーチング」には、どこかスピリチュアルや自己啓発っぽいイメージがある。「トラウマのある可愛そうな子」キャラ設定されたり、『7つの習慣』よろしく習慣変えればアメリカンドリームが手に入る、みたいな安易な啓発はゴメンだった。そんなことを思いながらインターネットを検索していたところ、コーチングの人のページで見つけたのが和泉さんだった。和泉さんは、HP上でご自身のキャリアや、コーチングに対する考えを明確に打ち出していた。

そこに書かれている文章を読み、和泉さんであれば、前述したコーチングにはならないだろうと感じた。それから(あえて、、言うけれど「女性」で)大学卒業後、社会人として広告会社に就職し、さらにそこから大学院に入り直して、大学教員になり、そして、渡米――。というキャリアが、さらに好奇心を喚起し、連絡を取る後押しになった。きっと「毎朝、トイレ掃除をすれば全てが上手くいく」なんて、非論理的なことを言ってくることはないだろう、と。「論文」を書いていたということもあり、私の「書きたい」という部分のサポートもしてもらえるのではとの淡い期待もあった。

◆ 実際にコーチングを受けてみて
和泉さんとの対話は、思ったとおり、ざっくばらんとして清々しいものだった。(多分、和泉さんは意識しておられないと思うが)私が奥歯に挟まったようなことを言ったり、優柔不断に「う~ん…」と深刻そうに考えこんでいると、スパっと一刀両断してくれる。優柔不断に見せかけの「寄り添い」をされることがなかったのが、ありがたかった。

スパっと一刀両断されることで、「悩むほどのことでなかった」と私自身もわかり。そして、さらにスパスパと会話は進み、そこでまた「お~、私はそんなにスパスパとしていないんだよぉ~」と、自分のことを知って、そんな反応を和泉さんにすると「そうなのよ、そうスパスパとはいけないのよね、人間だもの」と、深い理解を示してくださったりして…。

このアメとムチの絶妙なバランスに、毎回のセッション(※詳細は和泉さんのHP参照※http://www.coachnoizumi.com/prices/index.html)が楽しみだった。私は全5回のセッションだったけれど、セッションを重ねて、残りの回数が減ることが悲しくて仕方がなかった。和泉さんと話せなくなってしまうのが嫌で、次回のセッション期間を先送りしたりもして(笑)。結局、セッションを終えるまでに1年弱の期間をいただいた。

この間、急かされることなく、私のペースにあわせていただけたこと感謝している。おかげで、消化不良になることなく、「対話」が実になり、セッションが終わった後でも、和泉さんとのやりとり、和泉さんからの「問い」が、私の考えるベースの豊かさになったり、原動力になっていたりする(これは本当にすごいことだ)。事実、こうして長文を書かずにはおらないようになっているのである(締切を守れないのは相変わらずで、申し訳ありません…(涙)!)。

◆ こんな人にはいいのかも
とはいえ、コーチングを受けたからといってすぐに劇的に変化が現れるということではない。あくまで、主体は「自分」である。

前項までの説明と矛盾するようだけれど、私自身は、和泉さんとのセッションの「目的」がはっきりしていたようで、実はそうでもなかったのだということを和泉さんとのセッションを通じて、初めて理解することができた【この部分をもう少し詳しく説明すると、もし、「物書き」に戻りたいのならば、出版社でも、尊敬するライターにでも、連絡を取りに行けばよいのだけれど、自分はその行動をとるのではなく、和泉さんを頼った。なぜ、和泉さんに頼ったのか、というところに「ある無意識」が働いていた、ということがわかった】。そういう意味で、必ずしも当初、私が狙っていたアウトカム(「物書き」に戻る)が出ているわけではない。

ただし、前述のことを理解したことで、今の会社員生活に納得感が持てたり、長期的な展望を持ってキャリアを考えられたり、やりたいことと時間軸がぐちゃぐちゃになっていたことに整理ができて、現時点の「やるべきこと」が見えてきた。自分の無意識やバイアスに気づいたことで、目的に対するアプローチも変わってきたのだ。結果的に、今、出版社のつてを頼りに、媒体で記事を書きはじめてもいる。

長々と書いてしまったが、もし、今、受けるかどうか迷われて、この記事を読んでいるのだとしたら、物は試しに受けてみてはどうでしょう。ただし、セッションを受ければ、全て解決するという幻想は捨てて。あくまで、主体は自分。そのパートナーとして和泉さんは、とっても頼りになるはずです。




2018年05月29日

百人一首と「独坐観念」ー書道展にてお茶のデモンストレーション

「最初の3行は綺麗ですよ。あとはちょっと力尽きましたか?あらあ、この字、間違ってるわ。まー 気がつかなかったわ。御免なさい。」

というなんともおおらかな先生の無茶振りを受けて相変わらず年に3回くらいしか通ってないのに、再び完璧表装負けの作品を発表することになってしまった(なぜ??顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))書道展にて。
にて、お茶のデモンストレーションをしました。

体力的には大変だったけど、お茶の仲間のお友達と一緒にするとやっぱり文化祭ノリになって、すごく楽しんでしまった。今回はこのお友達、お点前デビューでしたが、びっくりするほど(笑)バッチリで、それはお点前の手順だけじゃなくて、そのオーラはザ・茶人にしか見えなかった。実際、「すごくピースフルでマインドフルで静かで、別世界にいる様な気持ちになった」という様なコメントをしてくれた参加者のお客さんがたくさんいらっしゃいました。

参加希望のサインアップしてくれたお客さんにはお菓子とお茶をお出しして、その周りで見物するだけの人もいて、という形で2席行いましたが、みなさん、書道展(特にこの日はワークショップもあって)に来るだけのことがあって、興味津々、私のちょっとした説明にも「おおお〜〜!!!そうなのね〜〜、なるほど!!へ〜〜」てな感じで反応していただいて(こっちが逆にびっくりした。笑)、楽しんでいただけた様子でした。何よりも上記の様に、このイベントに参加して「ピースフルでマインドフルで静かで、別世界にいる様な気持ちになった」いう様な体験をしていただけたことが、とても嬉しかったです。

そして何よりも楽しかったのは「独坐観念」そのままに、関係者やお客さんがみーんないなくなったあと、お片付けを始める前に、素敵な書とお花に囲まれた他にだーれもいないこの広々としたスペースを貸し切ったがごとく、そのお友達にお茶を点ててもらって二人でいただたその時間でした(それもそれぞれ2杯。笑)。なんて贅沢な時間だったことか!

ところで私が書いたのは、またもやなんとなくネチ〜っとした百人一首の和歌。

忘れじの 行く末(ゆくすゑ)までは 難(かた)ければ
   今日(けふ)を限りの 命ともがな

まあ、忘れられちゃうくらいなら今日死んじゃった方がましだわ!みたいな激しい歌でもあるわけですが。

なぜかこういう根暗な(?)歌が好きです(笑)。
posted by coach_izumi at 22:53| Slices of My Lifeー徒然ノート