2018年05月22日

一緒に手綱を握りしめながら

先日、10回のコーチング・セッションを終えられた方から印象的なメールをいただきました。ご本人の許可を得て一部抜粋、以下ご紹介します。

-------------
10回のコーチングありがとうございました!
コーチをしてくださり、一緒に手綱を握りしめながら、ハリケーンを乗り越えてくださりありがとうございました。
和泉さんのコーチングを受けて、本当に良かったと思います。
一番しんどい時の乗り越えられたのは、自分の中で大きかったです。
--------------

このような言葉をいただいて、本当に嬉しく、甲斐があったなあ、と思いました。が、それ以上に、最初に感じたのはこの方がご自分がコーチングを受けていらした時のご自身の状況・状態をとても的確に表現していらっしゃるなあ、ということでした。

「一緒に手綱を握りしめながら」。

なるほど、そうだなあ、と。決して私がああしろこうしろと言ってそれに従わせたわけではなく(と言いつつ、実は私は「ぶっちゃけ・・・〜したら?」と時々言うけど。笑)、この方がああしたいこうしたいと言って私がそれに合わせただけでもなく、「一緒に」ハリケーンの中、歩いたり走ったり止まったりしましたね〜、と。

でも、このメールをいただいてしばらくして、またちょっと違うことを感じたのです。手綱を握っていたのは、やはりこのクライアントさん本人だったのだと。

私は・・・手綱を握っているご本人の手を、様子を見ながら、上から包んでいた程度で、時々ハリケーンの瞬間風速が激しくなって、ひっくり返りそうになったり手綱を握る手が危うい、と感じた時にだけ、えい、と手綱を一緒に強く握った程度だったなあ、と。時に緊張感や切迫感を持って、時に順調に楽しそうに、手綱を握って進むクライアントさんの横で、私はそのリズムを感じながら一緒に前方を見たりクライアントさんの横顔を見たりたまに後ろを振り返ったりもしながら、実は手綱はクライアントさんに任せて横に座っていた、そんな感じの時も結構あったんじゃないかなあ、と。

つまりは、ただ一緒にいただけ、とでも言うか。でもどんなお天気の時もただ一緒にいる、っていうこともまた、自分の役目の一つだったのかなあ、とか、考えながら、10回のセッションを振り返ったりして。

このクライアントさんとは(も)結局一度も顔を合わせることなく(互いの顔を見ることもなく)導入セッションから始まって10回のセッションを完了しました。それなのに、なのか、それゆえに、なのかは分かりませんが、この方がとても聡明で真面目でご自分の人生に真剣に向き合ってらしてて、でも人生を楽しむ力があって、そしてきっとおしゃれな素敵な方なんだろうなあ、というのは容易に想像できました。

いつかどこかでナマご本人に会える日が来るのか来ないのかも全く分かりませんが(そしてどちらでもいいのだと思っていますが^^)こんな風に人と関わり合えるって、コーチングって、なんか面白いなあ、と素直に思ってます。




2018年05月10日

空手道場で茶の湯のデモンストレーション、しちゃいました!

4月の終わりのことだったのですが、ついに、ついに、 私が今通っている空手道場で茶の湯(茶道)のデモンストレーションしました!空手の先輩でお茶の仲間でもある友人の旗振りのもと、兄弟子にも手伝ってもらって、行いました。

空手道場のファンド・レイジング(資金調達)のイベントとして行いまして、お茶席に体験参加しする人の料金(てか寄付ね)は高め設定にして(その代わりちゃんとした抹茶碗でお茶を点ててもらって飲めるし、お菓子も友人のお手製の特別扱い)、「見学者」にはもっとカジュアルな形でお茶とお菓子を振る舞いました。
一席目はお茶の仲間だけでやってみせて、2席目は体験参加を希望する人たちに(5人限定)に席の入り方やお茶の飲み方を教えてあげながらしました。そしてそのあとは、まるで「プチ・ジャパン・デー@DOJO」のようなパーティ。件のが作ってくれたジャパニーズ・フィンガーフードと先生が自ら巻いてくれた巻き寿司〜などなどをつまみながら、ワイワイと過ごし、お茶についての質問に答えたりして。

来てくれた空手道場の仲間は「こんなの初めて見た!!」ととても喜んでくれたようでした。あと、体験参加してくれた人は「ずっとやってみたかったの!」と涙目で感激してくれたりとか、「すごく日本文化を尊敬してる。またこのイベントがあるなら是非また(見学だけじゃなくて)体験参加したい」と言ってくれたりして、いや、良かった良かった。

前日に荷物を車から運び入れるのも道場の仲間がホイホイと皆で手伝ってくれたり、「ジャパーン」な音楽(琴とか尺八とかの)を持って来てくれたり(準備の 時にずっとかけて聞いて楽しんでたら、肝心のパーティの時にバッテリーが切れちゃって申し訳なかったが)、この道場の人たち、本当にみんないい人ばっかりだわ〜と改めて思いました。

お茶のデモを実施するのは体力的にかなり大変なのですが(そう見えないと思うけど、それはまるで鬼の部活か?ってくらい)、でも、今回、友人と本当に文化祭なノリで色々話し合ったり一緒に準備して、すごーく楽しかったのでした。計画を進める段階で色々と話してたら、もう何がなんだかわからない方向に話が膨らんでいったのも、もう、おかしくっておかしくって、空手の稽古しながら思わず笑っちゃいそうになることもあったりしました。実は。だからこそお点前はきっちりしようと思ってやったのですが(でも間違っちゃった顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)。バレてないと思うけどからかう(あっかんべえ))、「(お茶とか日本のわびさび文化とかよく知らない人でも分かりやすいように&楽しめるように)とにかく今回は派手に行こうぜ」をテーマに、本来はお茶会で表に出る時は着るべきではないのですが総柄の小紋を、「派手だから」という理由だけで着て(笑)やりました。そして写真を見ると、げげ、私、着物、派手ーと思ったのでありました(笑)。

今回お棗(=お点前の時に抹茶を入れる入物)はその友人が華族だったというおばあさまから受け継いだという、蒔絵のもので、とっても素敵なものを使わせてもらいました!そして、こうなったら、その友人がやはり士族だったおじいさまから受け継いだという掛け軸も道場でデビューさせないといけないんじゃない(というのは、大きすぎて普通の家じゃあ掛けられないサイズなんです・・・)?どこにかける?あの梁かしら?じゃあ脚立が要るじゃーん?などとすでに話しておりまして。ってことで、次回はいつにする?と、密かに勝手に二人で魂胆をねるのでありました・・・

posted by coach_izumi at 12:56| アメリカの生活

2018年04月07日

192ドルの目薬

右目のトラブルは、そもそもは、私が不注意だった故かもしれぬ。もっと早く目医者に行くべきだったんだろう。でも予約しようしたら一週間以上先じゃないと予約が取れなかったんよ(こちらのお医者さんは必ず予約が必要)。がしかし、ある朝、これはまずいんじゃないかと思ってurgent care (緊急外来、みたいなもの。emergency=救急外来とはまた違う)に行ってそのまま目医者に回された後は(なんだよ空いてんじゃん)私はちゃんとお医者さんの言うことを聞いて、毎時間目薬をさせと言われたからタイマーをかけて忘れないようにして目薬をさし、今度は4時間ごとにねと言われれば4時間ごとにタイマーをセットしてさし、すぐまた見せに来いっていうから空手に行けなくても他の予定をうっちゃっても中三日を開けず目医者に通い(なんだ空いてんじゃん)、コンタクト絶対ダメって言うから、ど近眼だからすごい不便なのにメガネで暮らし、真面目に治療に取り組んできたんです。

そしたら目薬がなくなったんで、ちょうどチェックに行った時にお医者さんがまた処方してくれたので、ドラッグストアに買いに行ったんです。こんなちっちゃいけど(クォーター=25セント硬貨と比較するとちっちゃさが分かるかと・・・)60ドルもするのか〜と最初に買った時思ったけど仕方あるまい、また60ドル払って真面目に目薬さしてちゃんと直そうと思って。

そしたら、な、何〜〜???192ドル???保険でカバーできない??これはこんなに早くなくなるはずじゃないから4月14日にならないと保険が効かない〜〜????

ドラッグストアのお兄ちゃんが何もできないのは分かってる。とにかく最後に目薬さしてからちょっと時間が空いちゃってたし、また出てくるもの大変だしと思って、とりあえずこのちっちゃなボトルに192ドル(!!)払い、帰宅。

速攻、保険会社に電話。こういうことで英語で電話するのって本当に嫌・・・という気持ちがぶっ飛ぶほど、私は珍しく「ふざけんな!!」という気持ちでいっぱいでありました。

で、こういうやり取りって、まさかとは思ったけど、お決まりというかなんとういか、「乱用するお前が悪い」くらいの言いようをされて。4/14の前になくなるなんておかしい、くらいな感じで。おいおい。医者の言う通りにしただけなんすけど。相手、かなり威圧的でした。引きませんでした。私普段は気が弱い&割と事なかれ主義なんですが、怒りスイッチ入ると(滅多にないけど)、私も引かないの。特に(世間的にどうであれ)自分で自分が絶対間違ってないと思うときは。

結局電話のおばさんも何ができるわけでもない。本当はここで私を適当にあしらえれば良かったんでしょうけど(多分それが仕事??)、最後の最後にしょうがなく、って感じで払い戻しのサイトの情報を私のメールアドレスに送ってくれました。そっからプリントアウトして領収書と一緒に送れって(今時郵送!?それもアリゾナまで)。審査結果は一ヶ月後(!!)じゃないと分からないんだって。でも、それだけ。この後実際に払い戻しがあるかどうかは、はっきり言って、希望薄。

でも、電話を切って速攻サイトから書類プリントアウト、領収書コピー(自分用)、などなどして、これじゃあ、簡単にはねられちゃうよ、と思って、「カクカクシカジカなんで、払い戻ししてちょうだい!いっつも保険料いっぱいちゃんと払ってんのに、これはないんじゃないの??」と文句加えた手紙も英語で速攻書いて同封。プルーフ・リーディング何もしてないけど、どうでもいい。言いたいことは伝わるだろう。

190ドルー60ドル=130ドル。たいそうな額だとは思うけど、別に今の自分に払えない金額じゃない。こんなにエネルギーと時間をかけてまで取り戻そうとする金額じゃないかもしれないけど(おまけに希望が薄い)、やっぱりこれはやらないと収まりませんと思いまして、封筒投函。

怒りのエネルギーというのはパワフルでいつもならありえないような行動をありえない早さと速さで成し遂げちゃったりするのですが、ネガティブっちゃネガティブだから、ことが終わったらすっごく疲れました。

そして、今はもう、130ドルよりも何よりも、この時間、返してくれよ、って感じです勝ち誇りしょぼり・・・・(自分でやっといてなんですが)

posted by coach_izumi at 11:02| アメリカの生活