2019年03月28日

「白い消しゴム」の話を聞いて「硬膜外麻酔に決定」を思い出した、の巻

友達の子供の通ってるとある日本の小学校では「消しゴムは白くないといけないんだよ〜」というのを先日聞いて、かなりのショーゲキを受けた(昔の日本の小学校って、そんなことあった???)。消しゴムなんて、どんなの使っても、消えれば(いや、たとえ消えなくなって)まじ、マジ、どーでもよくないか?どうしてそんな規則があるの??と思いつつ、まー、しのごの言わず白ですから、って決めてもらったら「ある意味」「楽」なのか?ともふと思った。

で、思い出したのは、自分の出産(全く直接関係ないんだけど)。
たまたまなんだけど、私はアメリカで出産してて、アメリカでは出産の時に硬膜外麻酔というのを使うのがかなーり一般的なんだけど、使うか使わないかはあくまで本人のチョイス(ただ、使うのが一般的なので使うこと前提で出産を迎える人がほとんど&使わない場合の痛みに対する対処などについての知見があまりないいう噂を聞いたことあり)。

でも、息子を出産した時、陣痛で人生最大に痛いです〜っていう真っ只中に「さあ、どうする?麻酔使う?使わない?」って聞かれて、えー それ、自分で、それも今、決めるのかい?ってびっくりして「え、どうするのって聞かれても、なんてったって初めてだから、この後どのくらい痛くなるのか、そしてその痛みに耐えれるのか否か、全く予想がつかないから分からないよ。プロのアドバイスとしてはどうなの?」と聞いてみたら(陣痛真っ只中)、「痛みをどのくらい感じるかそれをどれくらい苦痛と思うかどうか、それはあなたのボディだから、私たちには分からないから(だから自分で決めて)」って言われて、アメリカってば、こんなことまで自己責任で決めんのかよー(それも今かよー)と思った覚えがありました。とにかく何かと言うと”up to you" 。初産陣痛真っ最中だけどup to meすか?顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗) みたいな

(とにかく痛いから)そのup to you やめてくれー もう考えたり決断したりできる状況じゃないんで誰か決めてくれ〜 と思ったんだけど、でももちろん、私しか「決める」人がいなかったから、I have decided to make my life easier、と言って、麻酔使うわ、と、お医者さんに言ったら、そうそう、そっちの方がいいわよー、人生他のことで十分色々大変なんだから、why not?みたいに言われて、じゃあ、最初からそう言ってよーって思ったのであったが。(ちなみに痛みを乗り越えないとちゃんとした母になれないという神話を私は全く信じていなかった。というのは、私の場合は、別に痛い思いをしたからと言って、どっちみち特に立派な母親にはならんだろう、と思っていたので。まー 陣痛で十分のたうち回るくらい痛かったんで、もー いいっしょ。)
あれこれ管理されるのも嫌ですが(てかもう無理顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))、アメリカで暮らしてると「えー これも自分の責任で決めんのー?」と思うことも時々あって、誰か決めてくれたら楽だなー、と、思うこともある。そう、楽なんだよね、その方が。そして人は易きに流れるものである。

でもでも、私は白い四角い消しゴムになんの恨みもないし、実は使いやすいと思ってるし、まじどーでもんいいけど、が、それしか使っちゃいけないって言われたら、やっぱやだなー。かなりいやだ。何色がいいかなーってちょっとだけ悩んで決める方がいい。出産の時の硬膜外麻酔の使用・不使用を自分で(そこでその時に!)決めろと言われた時は「マジっすかー??誰か決めてくれー」って思ったけど、根本的にどうでもいい消しゴムの色は、up to me −自分で決めたい。

posted by coach_izumi at 22:56| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

片付けないずにはいらない人って・・・

片付けられない人に対する理解って進んでる気がする&世の中が寛容になってきてる気がするけど、その分、片付けずにはいられない人に対しての理解とか寛容性って、なくない? それとも、これってただの被害妄想もしくは愚痴なんだろうか???f^^;
posted by coach_izumi at 21:39| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

2019年03月21日

それは子供だったあなたじゃなくて親の責任だと思う

自分の母親との関係が苦しい、その葛藤を抱える女性が多い。
そしてその苦しみや葛藤が、子供の時の親子関係に起因している場合がとても多い。
(私の偏った体験から言うと、「うわー、この人、デキる!素敵!」っていう女性で、結構います。)

そしてその苦しみと葛藤は、そういう女性たちの今の生活や人生にーー深刻だったり軽微だったり、顕在的だったり潜在的だったり、重荷になったり糧になったりーーそのありようは様々なのだけど、影響している。

ーーということを、公私の経験を通じて最近よく感じます。
プライバシーに関わることなので個々のことについてこれ以上のことをこの場で書くつもりはないのですが、そういうお話を聞いて、聞いて、聞いて、聞くほどに、

私が何かできるわけではないんだなあ、ということを痛感することがほとんどです。
特に私自身は母親との関係が概ね良好だったと思うので、そういう方の気持ちに真に寄り添うこともできないのだろうと想像するので、余計そうです。
(まー母と私だって、人間同士だからそれなりに色々あったにしろ、
概ね良好だったと思いますし、それがすごく珍しいことだったんじゃないかとすら感じる今日この頃です。)

ただ一つ、私が言えることとして、お伝えるすることが多いのが、

「親と子供の間で何か問題がある時、その責任は、子供じゃなくて親にあるんだと思う」

ということです。
これは一人の親としての私の体験・実感でもあります。

親には親の苦しみも葛藤もある。だから「親が悪かった」と一概には言えない場合もある。それは一人の親として私も実感するところです。親子間の問題は親子だけの問題ではない様々な要素が関わる社会問題でもあり、親こそがその犠牲者である場合も多くあります。

だから、あくまで子供と親の二者(だけ)を比べた場合に、ということで、これは「親として葛藤して苦しんでいる」人に向けてのものではなく、「子として葛藤して苦しんできた(そして今も葛藤して苦しんでいる)」人に対しての私の言葉である、ということは特記しておきたいのですが。

でも、何にせよ何れにせよ、子供には「何の責任もない」ですよね。
だってあなたは、子供だったのだから。親の庇護のもとあるいは支配のもとにいた、親に愛されたい認められたいと当たり前に願った、子供だったのだから。
あなたには、何の責任もない。全く、あなたの、せいじゃない。

いろんな話を聞いてきましたが、親子関係に恵まれてきた(と思う)私にはそういう苦しみは本当にはわからないと思います。
でも、だからこそ、てらいなく言えるのだと思います。

「いや、それ、子供のせいじゃないから。当たり前じゃん」と。

そしてこの私の、「そんなのあったりまえジャーン」的な言葉に、
「そう言ってもらえてホッとした」と言ってくれる人が、思いのほか多くて、実はちょっとびっくりしてます。
「私(の性格や言い方や接し方など)が悪いんだと思い込んでいたから、ホッとした」と。

え、あなたじゃないよ、親だよ。だってあなたは子供だった。親は大人でしょ。
そんな「あったりまえジャーン」なことが、当たり前じゃなかったんだな、当たり前じゃない人、いっぱいいるんだな、と思って、そのことと、あと、自分のある種の世間知らずさみたいなものにショーゲキを受けてます。

でも、たとえ私がどんなに親子関係に恵まれて育ってきたとしても世間知らずだったとしても、あるいはだからこそ、やっぱり、てらいなく、思うのです。

あなたがどんな子供であったにしろ、あなたの母親がどんな母親であったにしろ(どんな状況にあったにしろ)、あなたが味わったそして今も味わっている苦しみや葛藤は、子供だったあなたのせいじゃない。

昔も。今も。

そんなわけ、ないじゃーん。









posted by coach_izumi at 00:39| Acknowledging Yourselfー自分を認める