2019年04月03日

自分も父のようになるかも、と思う(苦笑)

自宅で逝きたいと願う人が多い。でも「自宅で亡くなる人は8人に1人」だそうです。と、ドキュメンタリーで言ってるのを耳にして、私がつい「(1/8に入ったとは)おじいちゃん(=私の父)すごいじゃん」と言ったら、吹き出す息子と苦笑いする夫。「いやー、貫いたよねー、おじいちゃん」と夫が言えば「(おじいちゃんが死んでるって)電話来た時、びっくりしたよねー」と息子(私は息子がその時のことを覚えていたことにびっくりしたけど)。

「ほんと、メーワクだった」とつい言う私(今もそう思ってますが)。あ、北海道の自宅で一人で亡くなったことじゃなくて、自宅にずっといたことでもなくて、病気が分かって入院した次の日に病院から脱走をはかりショッキング(という連絡を受けまさにチェックインしようとしていたその時、私は千歳空港から苫小牧に飛んで引き返したのであった・・・その後、父は2度と、通院にすらも病院に戻ることはなかった)、その後一切の、一切の、キュアだけじゃなくてケアだけじゃなく、バイタルチェックすらも、頑として受け付けなかったことです。ちなみにヘルパーさんすらも、なかなか受けつけなかった。訪問看護師さんだって追い返しちゃうし、もうほんとにすみませんでした、って感じ。もちろん、当時私が住んでいた熊本来るなんてことも「絶対、行かない」でした(まー 暑いしねー)。

父の好きなようにして好きなように死んでくれていいと、心から思っていたが、九州に住んでいた唯一の近親者(そして最大の責任者)としては最低限のペーパーワークやここにちょっと書けないような懸念を含むいろんなことがあって、一切拒否られて本当に困ったんです。人生あんなに困ったことはなかった顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

貫いたねー・・・て、まあ、そうとも言うかもしれんがねー、もう、まじ困ったんですけど、本当に自分勝手な父親だったよ、と思いながら、実は最近思ってることがあって。

それは、私も父親みたいになるかもなー・・・・ってこと困り

あれからもうすぐ9年。父の気持ちがなんだか前よりもよくわかる。いや、母を亡くした後の父の孤独や悲しみや、病気を知ってから父が感じた恐怖が前よりも分かる、ということではない。「絶対、嫌だ」って思ったんだろうなー ってこと。それが前よりも分かる。病院にもう一日たりとも一秒たりともいたくないと思ったんだろうなということ。知らない人に(知ってる人にも、肉親にも)あれこれ言われたり指図されたり管理されたりそのために時間を取られたり(たとえそれが病気の治療のためであっても)、そういうの、たとえ一瞬でも、一回だけでも、一切、嫌だったんだろうなー、ってこと。

父があそこまで頑なになったのは、「貫いた」だけじゃなくて、心身が普通の状態じゃなかったからかもしれない、とは思う。私を含む周りのサポートがうまく機能しなかったからなのかもしれないとも思う。思うが、でも、絶対嫌だったから、絶対、嫌だった、結局はそういうことだったんだ、それに尽きるのだと、思う。そして、それが前よりも分かる気がする。

考えてみれば、私と父は良くも悪くも性質が似ているのであった。(顔だってパーツは結構似てる。)嫌なもんは嫌なのである。誰にメーワクをかけようが実の子供がどんなに困ろうが、人様に笑われようが世間から謗られようが、嫌なもんは嫌なのである。実の(それもたった一人の近親者であった)子供に気持ちが分かってもらえなくても(それはひょっとして悲しかったかもしれないが、そんな悲しみよりも)そんなことよりも、もっと大事なことがあったのだ、多分、父には。

どんな形であれ、誰にであれ、管理されること。半径わずか数メートルの自宅の中でしかもう存在しなかったけれど、そこにはあった自由が奪われること。依存症だろうが何だろうが、好きな時に好きなだけお酒が飲めたなくなることも含めて。それが、父は、絶対に、嫌だったのである。残された時間が幾ばくもないなら、なおさらである。最期の最期にたった一人の近親者であった一人娘に看取られることもなく、居間の床の上で、綺麗とは言えない様子で、一人ぼっちで死ぬことになったとしても。

いやー 分かる。分かるよ、お父さん。
多分、お父さんのその気持ち、私が一番分かる。
だってお父さんみたいな人間は(あんまりよろしくない意味で。笑)、私の周りには私くらいしかいないもの。
やっぱり、似てるのかなー 私たち。
と思う自分がいる。

そして私もいつか、年老いた時に、なんらかの形で管理されたり自分の自由が奪われることを(もう管理されないと生きていけない状態であったりとか、自由でいるための責任を背負うこともできなくなってるなんて一切構わずに)「絶対に嫌だ」と言い張るがする。そして息子が困ったり心配したりするんじゃないかなと思う。すごくメーワクをかけるかもしれないと思う。

そしてそうなった時の自分は、コーチングなんてちゃんちゃら可笑しいぜ、おととい来やがれ、と思う気がする。笑


posted by coach_izumi at 04:56| Slices of My Lifeー徒然ノート

2019年03月28日

「白い消しゴム」の話を聞いて「硬膜外麻酔に決定」を思い出した、の巻

友達の子供の通ってるとある日本の小学校では「消しゴムは白くないといけないんだよ〜」というのを先日聞いて、かなりのショーゲキを受けた(昔の日本の小学校って、そんなことあった???)。消しゴムなんて、どんなの使っても、消えれば(いや、たとえ消えなくなって)まじ、マジ、どーでもよくないか?どうしてそんな規則があるの??と思いつつ、まー、しのごの言わず白ですから、って決めてもらったら「ある意味」「楽」なのか?ともふと思った。

で、思い出したのは、自分の出産(全く直接関係ないんだけど)。
たまたまなんだけど、私はアメリカで出産してて、アメリカでは出産の時に硬膜外麻酔というのを使うのがかなーり一般的なんだけど、使うか使わないかはあくまで本人のチョイス(ただ、使うのが一般的なので使うこと前提で出産を迎える人がほとんど&使わない場合の痛みに対する対処などについての知見があまりないいう噂を聞いたことあり)。

でも、息子を出産した時、陣痛で人生最大に痛いです〜っていう真っ只中に「さあ、どうする?麻酔使う?使わない?」って聞かれて、えー それ、自分で、それも今、決めるのかい?ってびっくりして「え、どうするのって聞かれても、なんてったって初めてだから、この後どのくらい痛くなるのか、そしてその痛みに耐えれるのか否か、全く予想がつかないから分からないよ。プロのアドバイスとしてはどうなの?」と聞いてみたら(陣痛真っ只中)、「痛みをどのくらい感じるかそれをどれくらい苦痛と思うかどうか、それはあなたのボディだから、私たちには分からないから(だから自分で決めて)」って言われて、アメリカってば、こんなことまで自己責任で決めんのかよー(それも今かよー)と思った覚えがありました。とにかく何かと言うと”up to you" 。初産陣痛真っ最中だけどup to meすか?顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗) みたいな

(とにかく痛いから)そのup to you やめてくれー もう考えたり決断したりできる状況じゃないんで誰か決めてくれ〜 と思ったんだけど、でももちろん、私しか「決める」人がいなかったから、I have decided to make my life easier、と言って、麻酔使うわ、と、お医者さんに言ったら、そうそう、そっちの方がいいわよー、人生他のことで十分色々大変なんだから、why not?みたいに言われて、じゃあ、最初からそう言ってよーって思ったのであったが。(ちなみに痛みを乗り越えないとちゃんとした母になれないという神話を私は全く信じていなかった。というのは、私の場合は、別に痛い思いをしたからと言って、どっちみち特に立派な母親にはならんだろう、と思っていたので。まー 陣痛で十分のたうち回るくらい痛かったんで、もー いいっしょ。)
あれこれ管理されるのも嫌ですが(てかもう無理顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗))、アメリカで暮らしてると「えー これも自分の責任で決めんのー?」と思うことも時々あって、誰か決めてくれたら楽だなー、と、思うこともある。そう、楽なんだよね、その方が。そして人は易きに流れるものである。

でもでも、私は白い四角い消しゴムになんの恨みもないし、実は使いやすいと思ってるし、まじどーでもんいいけど、が、それしか使っちゃいけないって言われたら、やっぱやだなー。かなりいやだ。何色がいいかなーってちょっとだけ悩んで決める方がいい。出産の時の硬膜外麻酔の使用・不使用を自分で(そこでその時に!)決めろと言われた時は「マジっすかー??誰か決めてくれー」って思ったけど、根本的にどうでもいい消しゴムの色は、up to me −自分で決めたい。

posted by coach_izumi at 22:56| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと

片付けないずにはいらない人って・・・

片付けられない人に対する理解って進んでる気がする&世の中が寛容になってきてる気がするけど、その分、片付けずにはいられない人に対しての理解とか寛容性って、なくない? それとも、これってただの被害妄想もしくは愚痴なんだろうか???f^^;
posted by coach_izumi at 21:39| Food for Thoughtー感じたこと思ったこと